カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注意点

ダクト内 清掃

ダクト清掃は取り付け工事が終わってから、定期的に行わなければなりません。
使用状況にもよりますが、大体5~10年おきにはする必要があります。
放置すると汚れきった空気が部屋中に回って、シックハウス症候群等の発症原因になりかねませんので、注意しましょう。
また、依頼する業者の選択についてです。
依頼する側は素人であるため、清掃内容や料金をきいても良く分からない事が多いです。
そこで、まずはインターネットで複数の業者に見積もりを依頼します。
特に気になる業者がない場合は、一括見積もりサービスなどを使用して、一括で見積もりをとってみましょう。
そこで、木になる業者が見つかった場合は、実際の作業内容等を確認します。
また、インターネット上でその業者の口コミが載ってないか確認します。
良い口コミが多ければ安心できます。
このようにして、適正な料金で技術も優れている業者を選択することがとても重要になります。
このあたりは、人によって金額重視か技術重視か違うところですので、自分に合う業者を選択するように注意しましょう。

ダクト清掃についての今後の動向

丸型ダクト配管施工例

最近では、ちゅうこのマンション等を購入して、見た目を綺麗にリフォームして住むというい方がとても多くなっています。
その方が、安くで家を購入して、新築同様のところに住むことができるためです。
しかし、その場合にはダクト工事を何年も前にしており、もしもダクト清掃をしていない場合にはダクトがとても汚れていることがあります。
もし汚れたままにしていると、換気口にほこりがたまったり、カビが生えてしまったりして、とても汚い空気が部屋に入ることになります。
シックハウス等の原因にもなりますので、絶対に清掃はしなければなりません。
お部屋の見た目だけでなく、こういったところの点検も絶対に必要になります。
また、あまりにひどい場合には取り換え工事をしなければなりません。
そういった築古の物件のダクトの見直しが今後増えてくると考えられます。
このような業者の価格競争も多くなってくると予想します。
また、技術面での競争も激化するでしょう。

価格の違い

フード 清掃後

エアコンや換気扇などの工事には通常、通常大きな額はかからないのですがクリーニング業者によってその額が違うこともあります。
たとえばプロフェッショナルであるハウスクリーニング業者などは工事をする時に必要な経費だけを請求しますが、悪質な業者であるとそれ以上のサービス代をもとめてくるために注意が必要です。
ですので評判があり、信頼されている業者を選ぶことが無難です。
毎月こうしたクリーニングを行うと経済的にも負担になるので、業者のすすめる方法で自分で清掃することもできます。
日頃からできる清掃の方法もあり、ほこりをたまらないようにフィルターを定期的に交換することなどもあり、これで対費用効果を生むこともあるのです。
日常で誰もが掃除をすることを怠りがちですが、人が暮らしているうえで出てしまう汚れやホコリをどうにかするなら是非掃除のプロフェッショナルであるルームクリーニング業者などを選んでみることが無難なのです。

アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク